長崎 長与町の(株)アスキーハウジング|売買物件、賃貸物件のことなら、お気軽にご相談ください! 095-894-8614

 不動産売却の流れ

売却の流れ

■STEP1 不動産売却相談
不動産のご売却は、お客様の事情によって、最適な方法が変わってきます。私たちは売主様にあったご売却方法をご提案いたします。まずはご売却の時期やご希望の価格、現在の資産価値を把握しておきたいなど、どうぞお気軽にご相談ください。豊富な経験と実績を持ったスタッフが誠意を持ってお応えいたします。
■STEP2 査定の申込み
まずは、ご所有の不動産がいくら位で売れるかを知ることから始めましょう。売却金額の大まかな目安が分かれば、次の計画を具体的に進めることができます。アスキーハウジングでは専門のスタッフが無料で査定を行います。まずは査定を依頼してみましょう。

簡易査定

不動産の所在地から、周辺取引事例の調査を基に、周辺環境や市場動向、顧客動向等踏まえながら机上にて価格を算出します。

現地査定

実際にスタッフがお伺いし、不動産の室内や設備まで詳細な確認を致します。机上査定よりも詳しい価格を算出することが出来ます。
■STEP3 現地調査
実際にスタッフがお伺いし、室内や設備・日照・眺望等の現地状況を把握し、お客様のお話や建築確認書・権利関係、売り出し事例・成約事例の調査を入念に行います。細かいことを売却スタッフにお伝えいただければより正確な価格を算出することが可能です。

●調査項目
・権利上や法令上の問題
・近隣売却物件の売出価格と取引事例
・雨漏りや白蟻、間取り等の建物の性能
・周辺の環境や交通量
・マンションの場合は、管理・修繕の状況
通常3ヶ月以内に売却できる価格をご提示します。
実際のご売却活動時の表示価格としてお出しする「売り出し価格」については、お客様のご都合等を考慮し、なるべくご希望にそった売却プログラムをお作りいたします。
■STEP4 媒介契約の締結
媒介契約には3つのタイプがあり、この契約がお客様からの正式な売却依頼となります。お客様のご要望に沿った形で媒介契約を結び売り出し価格を決定します。査定価格がご希望の価格より低くてもなるべくご希望に添えるようご希望価格に沿った販売活動をご提案いたします。

1.専属専任媒介 2.専任媒介

1社の不動産業者にのみに仲介を依頼する契約
1社の不動産業者にのみ仲介を依頼する契約となりますので、依頼を受けた不動産業者は売買を行う相手を積極的に探す努力と、その業務処理状況を報告する義務があります。特に売却依頼の場合、指定流通機構への登録、新聞折り込み広告等の媒体への優先的な掲載など、売主様に有利な売却活動を受けることができます。

3.一般媒介

複数の不動産業者と仲介を依頼できる契約
複数の不動産業者と仲介を依頼できる契約です。お客様(売主様)が媒介契約を結ばれている他の不動産業者を明示する明示型と明らかにしない非明示型があります。
■STEP5 媒介契約の締結
大切なお客様の不動産をご希望に沿う形でご売却できるよう、アスキーハウジングの独自のネットワークを活かし、様々な 売却活動を行っています。また売却活動の状況や反応、問い合わせ状況、広告などを含めた経過報告を行います。
【売却活動の一例】
 ● 来店、既存のお客様へのご紹介
 ● 新聞折込チラシ等の広告
 ● 各種不動産情報誌への掲載
 ● アットホーム Yahoo不動産など不動産ポータルサイトへの掲載
 ● 指定流通機構(レインズ)への登録 など
 ● FACEBOOKなどSNS活用による宣伝
■STEP6 媒介契約の締結
売却活動の結果、お客様と買主様が売買条件で合意すると諸条件を充分に確認した上、不動産売買契約を締結します。大切な契約ですので、ご不明な点がなくなるまで詳しくご説明いたします。登記簿の内容と違いがないか、などしっかりご確認ください。

■契約時にご用意いただくもの

1.権利証(買主様に提示)
2.実印、印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
3.管理規約書、建築確認通知書等
4.固定資産税納付書
5.印紙代(売買金額によって異なります)
6.仲介手数料の半額
(媒介契約の支払条件により異なります。別途消費税および地方消費税がかかります。)

■代理人が立ち会う場合

1.委任状(ご本人の自署と実印を押印)
2.ご本人の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
3.代理人の実印
4.代理人の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
不動産売買契約の締結後は、お客様には所有権移転登記申請、物件引渡しなどの義務が発生します。また、契約書に記載された条文に基づいてお互いの権利や義務を履行しなければならないので、違反した場合の罰則もあります。

■トラブルを防ぐために
口頭での約束はトラブルの原因となります。大切な事項はすべて書面のやりとりで確認するようにしましょう。また、ご不明な点や不審点がある場合は、勝手に解釈したりうやむやにせず、お気軽にご相談下さい。
■STEP7 引渡し準備
売却が決まりましたら、残代金の受領日までに引越しや公共料金の清算などを済ませましょう。引渡しは契約内容通りに行なう必要がありますので、引渡しと引越しのスケジュールをしっかりと確認しておくことが大切です。
● 残金の受渡日までにお引越し
● 抵当権の抹消
● 買主様のスケジュール調整など
営業スタッフがお客様のご都合に合わせてしサポートし、万全な引き渡しを行いますので、安心してお任せください。
■STEP8 引渡し 残金決済
残金の受け取りが済むといよいよ物件のお引渡しです。契約で定めた内容で物件の引渡しを行ないますので、改めて確認しておきましょう。ご売却後には確定申告などもございます。お気軽にご相談ください。

■残金受領時の内容

1.登記の申請書類の確認
2.残金の受領
3.固定資産税等の清算
4.関係書類の引渡し
5.カギのお引渡し
6.諸費用の精算

■残金受領時にご用意いただくもの

※代理人によっても契約を締結することができます。
1.権利証(登記済証)
2.実印(共有者がいる場合は、共有者分も必要です)
3.印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
4.固定資産税納付書
5.住民票
6.電気・ガス・水道等清算領収書
※ 上記2,3,5は共有者がいる場合は、共有者分も必要です。